山形県東根市神町東1-20-28

アイコン 0237-47-4618

お知らせ

MORE▶︎
岸歯科医院の予約はこちらから 岸歯科医院のホワイトニングの費用! 岸歯科医院のノンクラスプデンチャーの費用!
岸歯科医院安心・安全への取り組み 岸歯科医院は、国際基準の減菌を行っています。
バナー

院内感染へのこだわり 患者様に安心して通って頂くための取り組みとして、
治療器具や院内設備の滅菌、消毒に力を入れております。

Point 1

具体的には、使用した器具は患者様ごとに滅菌を施し、特に歯を削るのに使用した器具は血液などで汚染されるため、数を揃えており、一人一人に滅菌した清潔なものを提供させていただいております。

Point 1
Point 2

Point 2

治療ユニットのヘッドカバー、エプロン、コップ、口腔内カメラのカバーはすべて使い捨てとし、治療が終了するごとに治療ユニットの除菌清掃を行います。また治療用ゴム手袋は患者様ごとに交換致しております。

Point 3

「院内の水質管理のこだわり」 当院では院内感染対策の一環として、うがいや治療中にお口に入る水の管理をしております。治療ユニットにはすべてにポセイドンという機能水を生成、循環させる装置を使い、清潔な水を使用できる環境を整備いたしました。ポセイドンは水道水に含まれる塩素イオンを電気分解することで、時間とともに減少しがちな水中の残留塩素が増加して、水道水中の細菌やカビの繁殖を抑制します。薬品等の添加物を一切使用しないの為安全です。

Point 3

Smart Clave

歯科治療に使用する器具を
減菌させる装置
「スマートクレーブ」を使用

スマートクレーブ

iCare

日々の診療に不可欠なハンドピースの
自動洗浄・注油システム
「iCare」を使用

iClave

iClave mini

歯科治療に使用するタービン
(歯を削る器具)の減菌をする装置
「iClave mini」を使用

iClave mini

岸歯科医院の水は、衛生的な「お水」で治療を受けていただくために、
歯科ユニットウォーターライン除菌装置
「ポセイドン」を使用しています。
に力を入れております。

当医院の治療水は、除菌装置「ポセイドン」により、常に衛生的な状態に保たれています。

院長からのメッセージ

せっかくお口の中をきれいにしていただくために、お越しいただいているですから、
治療する水だって「最高のもの」を使いたい。そう思って導入しているのが、この『ポセイドン』
治療の時も、医院がお休みの時も、常にデンタルユニット内を衛生的に保っているので、
いつだって安心して治療を受けていただけます。

ポセイドンの特徴

歯科ユニット給水管内の微生物汚染の原因として、給水停止時に管内に滞留している水道水中の残留塩素濃度が時間の経過とともに低下することで繁殖しやすくなると考えられております。 歯科ユニット給水に中性電解水「ポセイドン」を利用することにより人にも機器にもやさしい衛生的な給水系の環境整備をご提案致します。

ポセイドン機器
ポセイドン説明 ポセイドン説明

岸歯科医院では画期的な
「ドックスベストセメント:虫歯菌を削らない」
虫歯治療方法
もおこなっています

ドックスベストセメント

ドックスベストセメント(Doc'sBestCements)とは、アメリカで開発された、今までのむし歯菌を削って治すという発想とは全く違う、"虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する" という画期的な治療法です。 ドックスベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられている製品です。

■初期のむし歯

初期のむし歯 削る量が少ないので、そのまま詰め物をします。ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

■少し進んだ虫歯

通常なら、むし歯の部分をすべて取るため大きく歯を削ります。ドックスベストセメントを使用することで、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要性はないので、 大事な歯を、極力削らないですませることができます。 また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットがあります。

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントのメリットデメリット

ドックスベストセメントのメリット

欲し神経を取らなくてはならない大きなむし歯の神経を取らないで済ませることができる。

神経を取ると一般に歯の寿命が短くなると言われています。神経はかなり複雑な形をしており特に根尖部(根の先の部分) が複雑になっていると、どんなにしっかりと神経をとってもまた痛みや歯ぐきの腫れが生じやすいと一般に言われています。 神経を取った後、再発して痛みや腫れが生じた時には、再治療できれば良いですが抜歯になってしまう可能性も高いのです。 (この方法での治療後、痛みが生じても再度神経を残して再治療できる場合もあります。)

ドックスベストセメントのメリット 神経に達していない中等度のむし歯の場合でも、虫歯菌を削り取らないので
 大切な歯を削る量が非常に少なくて済む。

特にお子様の若い永久歯のむし歯には最適な治療方法です。

人が一生、自分の歯で過ごすには歯を70年、80年と維持しなくてはなりません。 生えそろってから何年も経っていないお子様の永久歯。 その頃から神経の処置まで必要なむし歯の治療をすると、どうなるでしょうか?前述しましたように、神経を取ると歯の寿命は短くなりますので、その後、数十年も維持するのは困難と言わざるを得ません。 「一生できるだけ長く自分の歯で暮らす」そういう観点から、極力、神経をとらないで済むドックスベストメントはお子様に最適な治療方法であると考えております。

ドックスベストセメントのデメリット

日本では、まだ保険治療として認可されていないので、自費治療となります。

また虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって、この治療が出来ないケースもあります。
 (例)ズキズキと痛みがある場合など…

歯の中の虫歯菌は治療できますが、むし歯にならない歯にする訳ではありません。

通常の適切な歯みがきを怠ると、治療部分は治っていても、違う箇所から新たなむし歯が発生します。

治療後も定期的な歯科検診は、欠かすことが出来ません。

歯科衛生士募集中!
pagetop